恋愛をするとPEA(フェニルエチルアミン)というものが脳内から分泌されます。

 
この成分を持つ食品があり、チーズにはその成分が多く入っており、恋する気持ちを高めるといわれており、その効果は一番高いといわれています。

 
まず、この食品を食べた人と食べていない人とでは、それぞれ恋人に対する気持ちが大きく違ってきます。

 
よく食べる人は一緒に居たい、尊敬しているなどポジティブな気持ちが芽生えやすく、PEAを多く分泌していると統計上現れています。

 
次に恋人と過ごす平均時間は、食べている人のほうが、休日に恋人と共に過ごす傾向があり、充実した時間を過ごしているとことがわかっています。

 
マンネリを感じた時期という調査では、食べている人は平均3.3年に対して、食べていない人は3年と短いです。

 
好きな種類によって、恋人に対する気持ちが違ったりします。
カマンベールを食べている程、恋人のいない生活は考えられないと思う気持ちの表れがよくでています。

 
カマンベールが好きな人ほど恋愛に対してポジティブな気持ちになりやすく、フェニルエチルアミンを促進する作用があるので、食べるといいです。

 
PEAは体内では合成できないので、食物から摂取するのがいいです。