快感ホルモンが分泌

| 未分類 |

人間は恋愛をすると様々な脳内神経伝達物質である快感ホルモンが分泌されます。

 

恋愛はこれらのホルモンがもたらす快楽の一種で、中毒性が高い軽い麻薬です。

 
フェニルエチルアミンはアルファベット略号でPEAと表されます。脳から神経に情報を伝える神経伝達物質の一つで、緊張や不安を感じる恋愛初期に多く分泌されます。

 

これが分泌されると、気分が高揚し、快楽を感じ、理性ではコントロールできない状態になります。食欲が落ち、恋に溺れた状態になります。

 
しかし過剰に分泌されると、周りの意見を聞けない、冷静さを失うなどの問題が起きます。

 
さらに進むと、軽い麻薬のように正しい判断ができなくなり、禁断症状がでたりします。

 
一般的には時間の経過とともに恋愛相手との信頼関係が高まり、二人の仲が安定してくると、緊張や不安が消えて分泌量は減少を始めます。

 

分泌の低下とともにドキドキしたときめきも失われます。

 

分泌期間は約3ヶ月から3年と言われています。

 
この快感ホルモンはチョコレートやチーズの香り成分に含まれ、定期的に摂取することでこのホルモンの分泌量を増大できます。

 

古来からチョコレートは恋の媚薬と言われ、チーズにはチョコレートの10倍量のホルモンが含まれています。