エストロゲンは、卵巣から分泌される女性ホルモンです。妊娠しやすい子宮環境を作るために分泌されるホルモンで、女性らしい体つきを生み出す働きがあります。

 

肌に対しても、好影響を及ぼしていてキレイホルモンとも呼ばれています。

 
このホルモンは、肌のハリを保つコラーゲンや水分保持作用があるムコ多糖類やヒアルロン酸を産生する細胞を活性化します。また、動脈を広げて血液の循環をよくしたり、皮膚の老化を抑える働きもあります。

 
キレイでいたい女性にとっては欠かせないキレイホルモンですが、閉経すると急激に分泌量が減り、肌の不調がみられてきます。

 

若い人でも、ストレスや睡眠不足、 無理なダイエットなどでホルモンバランスが崩れると、このホルモンの分泌量が減ってしまいますので、注意が必要です。

 
若々しさを保つためには女性ホルモンを補充する必要があります。

 

婦人科に行けば、更年期障害治療用の女性ホルモン製剤を処方してもらえますが、肌の不調だけではなかなか通院しにくいものです。

 

そこで役に立つのが、女性ホルモンと似た働きを示す、イソフラボンという大豆に含まれる成分です。サプリメントとして売られていますので利用を考えてはいかがでしょうか。